速報ヘッドライン

動画ダウンロードソフトMPX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

太陽が消滅したら人間は何日間生存できる?

1:2011/02/03(木) 02:57:32 ID:
ストーブあるし即死は無さそう
 

398:2011/07/07(木) 10:41:14.38 ID:
>>1

こんな質問帝大系の天文学専攻している椰子に質問したら「それ、いい質問
ですね~」とニコニコされるんちゃう?

559:2011/11/17(木) 21:04:51.78 ID:
まったくスレを読まずに急に>>1にレスするのはいいかげんやめてもらいたい。
676:2012/04/04(水) 23:44:42.86 ID:
>>1
マジレスすると太陽が白色矮星になるという意味なら、
その時点で、太陽に近づけば生存は可能。
問題はその前に、赤色巨星になったときにどう生き延びるか。
10億年後くらいですな。
その前に人類は移住をするけど、
世代的にはこの太陽系に生き残る組とそうじゃない組みに分かれるでしょうね。
678:2012/04/04(水) 23:49:08.75 ID:
>>676
>マジレスすると太陽が白色矮星になるという意味なら、
まあそういう意味じゃないだろうね。

>問題はその前に、赤色巨星になったときにどう生き延びるか。
現在の予想だと数億年後に海が無くなるし太陽の光度アップもあるから
太陽の赤色巨星化のずっと前に生物が住めない環境になっちゃうけどな。

>10億年後くらいですな。
現在の理論が正しければ太陽の赤色巨星化は50億年後ぐらい。

>その前に人類は移住をするけど、
数10億年後なんてオーダーだとそもそも現在の生物と言う概念が当てはまる
存在のままなのかどうかも怪しい気がする。
679:2012/04/04(水) 23:51:21.14 ID:
>>678
数億年で住めなくなるの?
それはしらんかった。
海が無くなるのは有名ですね。
880:2014/03/22(土) 22:22:58.26 ID:
>>1
地球の中心は鉄が溶けるほどの熱源である

881:2014/03/22(土) 22:32:55.75 ID:
三年前の>>1に今さら語りかけるなよ
15:2011/02/05(土) 14:15:49 ID:
そんなに瞬間には凍りつかないよ。
今だって夜は日光当たってないだろ。
要は温度が問題なんだから、燃料使えば1年は生き残れるだろうよ。
燃料持ってない土人はすぐ死ぬだろうけど。
16:2011/02/05(土) 14:29:58 ID:
>>15
日が落ちてから翌朝までの気温低下ペースがずっと続くことを想像してみよう・・・

24:2011/02/06(日) 02:43:03 ID:
>>15
熱帯地方でも1週間以内に地上は凍りつく。熱帯地方の海も1か月以内に凍りつく。
火山噴火している場所以外の地上は、2か月以内に零下100度を下回ると思う。
零下100度以下では燃料云々に関係なく凍死する。

半年以内に燃料を燃やす酸素や窒素が、雨のように液体になって降ってくる。
窒素や酸素の雨が降りやんだら、ほぼ真空に近い状態になる。
その数か月後には酸素や窒素も固体になる。
太陽が消えてから1年経過する前に地球は何もかも凍りついた星になる。
火山が噴火している地点で溶岩と接触した酸素や窒素が気体になっても、周囲は真空なのでたちまち発散する。

酸素:融点-218.4℃ 沸点-182.96℃   窒素:融点-210.0℃ 沸点-195.79℃
867:2014/01/24(金) 11:33:25.74 ID:
24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 02:43:03 ID:UvcNubP2>>15
熱帯地方でも1週間以内に地上は凍りつく。熱帯地方の海も1か月以内に凍りつく。
火山噴火している場所以外の地上は、2か月以内に零下100度を下回ると思う。
零下100度以下では燃料云々に関係なく凍死する。

半年以内に燃料を燃やす酸素や窒素が、雨のように液体になって降ってくる。
窒素や酸素の雨が降りやんだら、ほぼ真空に近い状態になる。
その数か月後には酸素や窒素も固体になる。
太陽が消えてから1年経過する前に地球は何もかも凍りついた星になる。
火山が噴火している地点で溶岩と接触した酸素や窒素が気体になっても、周囲は真空なのでたちまち発散する。

酸素:融点-218.4℃ 沸点-182.96℃   窒素:融点-210.0℃ 沸点-195.79℃
17:2011/02/05(土) 14:59:29 ID:
太陽が消滅することが100年前から分かっていれば、万単位の人間は生き残って世代を繋げられる。
しかし今この時に消滅したら、地下に逃げ込んでも、地上の真空状態に対応できるだけの設備がないので1ヶ月ももたない。
1年くらいはなんとかなりそうなのは原子力潜水艦の船員だけ。
18:2011/02/05(土) 18:41:00 ID:
太陽光が全く差さない場合でも地表温度は-20℃程度だと何かで読んだ記憶が…
スノーボールアースと同じくらい?

マントルとかコアが持っている熱量がすさまじいからねぇ。
中心まで冷え切るのに100億年以上掛るらしい。
19:2011/02/05(土) 18:52:15 ID:
>>18
> 太陽光が全く差さない場合でも地表温度は-20℃程度だと何かで読んだ記憶

それ温室効果ガスが無い場合の温度だろ。
いくら何でも温度高過ぎと、少しは疑問に思わないのか?
21:2011/02/05(土) 23:31:48 ID:
>>18
地熱の平均、地殻熱流量は60-80mW、高いところでも200mWとかみたい。
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/hamamoto/index.htm
http://www.eps.s.u-tokyo.ac.jp/jp/guidance/earth/yamano.html
これをシュテファン=ボルツマンの法則にぶち込むと、
雪や氷の輻射率は結構高く1に近いようだけど、仮に0.9とすれば
0.08=0.9*5.67e-8*T^4
T={0.08/0.9/5.67e-8}^0.25 = 35.4K だね。約-238℃。
熱流量が16倍の地域でも温度が2倍の70K、-203℃になるだけだね・・・

22:2011/02/06(日) 01:21:58 ID:
>>18

それ、現在の地球で温室効果ガスがなかった場合の話だよ
太陽がなくなっても地熱だけで地表温度をそんなに高く保てるわけがない

>>21

地表温度って熱流量の4分の1乗に比例するんだっけ?
だとすると地熱だけで地表を300Kに保つには現在の5000倍の熱が内部から供給されなきゃいけなくなるな
23:2011/02/06(日) 01:33:44 ID:
>>22
逆に300Kの輻射からいけば、459W/m^2。
ホットカーペットの3倍くらいかな?

太陽光輻射が1360W/m^2だからねえ。
全地球平均では単純平均で1/4の340Wで、これでも足りない。
実際大気の温室効果を入れない場合の地球平均気温は-15℃とか言われているし。

大気があると話が全然違うけど、太陽がない世界は大気は凍結して存在しないと言うことで。

20:2011/02/05(土) 21:44:44 ID:
よく考えたら太陽が消滅するような事態になっても、
微生物だけは地下深くで地熱に守られながら生き延びられるんだよな・・・
30:2011/02/08(火) 13:18:20 ID:
>>20
人間 「地球で最強の動物を決めます」
ゾウ 「ボクが最強かな、やっぱり」
トラ 「さすがにゾウさんには勝てる気がしないわ」
マッコウクジラ 「陸上じゃなきゃダメなんですか? 海中じゃダメなんですか?」
ダイオウイカ 「海の方が広いし生物生存圏で比較したら舞台は海が妥当でしょ」
スズキ 「種の多様性も明らかに海だよね」
ケンミジンコ 「条件を多数決で決めるのが公正で民主的」
テルモプラズマ 「では投票で決めよう」
サメハダホウズキイカ 「お前は動物じゃないだろ」
ミクソゾア 「動物だろ」
ミドリムシ 「動物って何?」
ボルボックス 「単細胞の馬鹿は来なくていいよ」
ヨードアメーバ 「でも世界の大多数は単細胞生物だから」
バシジオボルス 「マイナー(笑)な多細胞生物は大きければ良いと思ってるから困る(笑)」
テルモコックス 「で、大抵1億年すら持たずに絶滅してるんですよね(笑)」
クレンアーキオータ 「何回繰り返してんだっていう(笑)」
人間 「でも1個体としては弱いじゃないですか、あなたたち」
バシジオボルス 「人間馬鹿すぎワロタ」
テルモコックス 「普通に何万年も生きてる1個体なんてゴロゴロいますが」
クレンアーキオータ 「時間勝負が嫌なら殺しにおいで。500気圧で120度の硫化水素に来れるならね」

 「ぶっちゃけね、(あいつら皆)負け組なんですよ。
 まぁ、海底の熱水噴出孔で私ら生命が誕生したわけですけどもね。
 そこでの競争に負けた連中が外へ逃げて行ってるの。
 『逃げ』を正当化して、それを自分らで『進化』って呼んでるの。
 海陸空、大型化、小型化、結局そのままの自分じゃ勝てないことが分かってて逃げてるからね、自己否定。
 自己否定した奴が一時的に上へ立てる、弱者に優しい(笑)茶番社会。
 こっちは本物の競争社会で何十億年やってきたと思ってる。
 駄目な奴は何をやっても駄目ってこと」

 「駄目な奴は何をやっても駄目ってこと」
41:2011/02/17(木) 01:22:15 ID:
室伏おいてけぼりになっちゃうよ
44:2011/02/17(木) 14:52:02 ID:
食料は野菜なら永続的に作れそうだけどな。電力さえあれば。
60:2011/02/20(日) 03:16:14.26 ID:
断熱性能の高いコロニー作って、内部の熱を保つのはダメなの?
表面とかを赤外線を吸収する素材にして、内部で核融合して発熱するとかで

宇宙空間なら放熱って大分遅いよね、断熱性の高い素材とかなら尚の事だと思いたいんだが
61:2011/02/20(日) 12:56:17.81 ID:
>>60
内部に熱源置けるならそりゃどうにでもなるけど。
表面積と表面温度次第だね。
エネルギーさえあれば理論的には酸素水リサイクルや植物育てることも可能だし。
66:2011/02/20(日) 22:36:12.31 ID:
まぁいきなり消滅されたらやばいけど

消滅するのがわかってて
準備期間があれば生き残る仕組みは作れるんじゃねーか?
数万人が限度だろうけど。
まぁその数万人に選ばれるために
核戦争で先に全滅するに一票。
68:2011/02/20(日) 22:57:36.68 ID:
>>66
本当に太陽がやばくなる前には、軌道エレベーターなり、資源確保で宇宙進出ぐらいはしてそうじゃね?
後は適当な小惑星とか繰り抜いて似た様な事をやれば、数十万~数百万人くらいは脱出できそう
70:2011/02/21(月) 02:17:52.66 ID:
>>68
小惑星を繰り抜くより地球の地下の方が現実的。
小惑星には熱源がないし重力もほとんどない。
小惑星に行くだけでも莫大な手間暇が必要。

地球なら人間に適した1Gの重力があるし地熱もある。
固体になったとはいえ酸素もある。
82:2011/02/25(金) 07:41:14.75 ID:
ワロタ
93:2011/02/25(金) 22:29:38.17 ID:
木星も全部ふっとんで行くのか。

各惑星が太陽消滅時の公転位置によって
いろんな方向にすっとんでいくけど
運悪く惑星同士がぶつかる可能性はあるのか
それでなくても火星と木星の間の岩石群のどれかには衝突は避けられないかも。

2次元平面上でのことだからぶつかる可能性は高いような気がする。
97:2011/02/26(土) 02:55:10.97 ID:
>>93
計算すると太陽が消えてから4か月後辺りが一番衝突する可能性が高い。
その頃には、海は全てかなり深くまで凍結して、地表は零下100℃以下になっている。
生き残っている生命は、地下深くの微生物と海底深くの生物だけだろう。
10mや20mの小惑星が衝突しても、それによって死ぬ生き物などいないと思う。
96:2011/02/26(土) 01:55:35.44 ID:
いやそうでもないな
どうでもいいや
99:2011/02/26(土) 03:44:20.82 ID:
JAXAの軌道データから微分方程式数値的に解かせたら案の定惑星の軌道は直線だったよ
厳密には各惑星の公転面は一致してないし,それこそ惑星同士が衝突するのは天文学的確率
102:2011/02/26(土) 06:40:32.60 ID:
>>99
そもそも直線軌道にならない理由なんてあんの?
円軌道または楕円軌道から突然束縛がなくなったら
普通に接線方向に飛ばされるだけでしょ
105:2011/02/26(土) 09:01:40.11 ID:
>>99
微分方程式以前の問題のような・・・
ニュートンの第一法則(慣性の法則)で充分だよ。
あ、ネタだったらすまん。

>>100
0.6km/sかぁ。地球は問題ないにしても予想外にでかいのでびっくりしたわ。
ところで、

 木星→




 ↑
地球
   ○元太陽

こんな感じの時に太陽が消滅したら、地球が木星スイングバイして飛んでいくこともありえる?
まあスイングバイしようがしまいが太陽がなければどこまでも飛んでいくには変わりないのだろうけど。

106:2011/02/26(土) 09:23:18.53 ID:
>>105
慣性の法則が成り立つのは力を受けていないときで
>>99はその力が本当に無視できるのか試しただけ
厳密な直線ではない

円軌道と仮定して元太陽からみた地球と木星とがなす角が直角のときは
もう全くと言えるほど影響なしだったよ
近づいたらそりゃスイングバイのようにはなるんだろうけど
100:2011/02/26(土) 03:55:25.10 ID:
木星と地球との距離は最短でも 6.3x10^11 m くらいだから
地球が木星の重力圏を脱出するのに最低限必要な速さは木星に対して 0.6 km/s
地球の平均公転速度が 30 km/s で,木星の 13 km/s を差し引いても余裕でクリア
103:2011/02/26(土) 07:45:12.77 ID:
>>100
重力圏なんてない。重力はどこまでも及ぶ。
2つの天体のうち近い方の引力がでかい範囲を重力圏と呼ぶだけだ。

104:2011/02/26(土) 07:59:35.64 ID:
>>102
つまりほとんど直線になるだろうとは予想されるけれども,
もしかしたら惑星間の引力の効果が無視できない程度にはあるのかもしれないなあという感じ

>>103
脱出速度以上の速さをもつことをそう言っただけだよ
割とよくある言い回しだと思うんだけど
107:2011/02/26(土) 09:30:04.63 ID:
>>106
どんな角度でどれだけ接近しようが、無限遠付近で最低17km/sという相対速度には変わりないもんな。
衝突以外は大きな違いなしだね。
すまん、>>99>>100は同じ人だったね。>>100も合わせて読むべきだったわ。
111:2011/02/28(月) 15:27:25.95 ID:
ちょっと待てみんな!スレタイをよく見るんだ!

>太陽が消滅したら人間は「何日間」生存できる?

太陽が消滅してるんだぞ。朝日は昇らない。「何日」は、無いんだ。
112:2011/02/28(月) 15:29:55.17 ID:
>>111
お前何世紀前の人間だよ
115:2011/02/28(月) 21:40:02.03 ID:
ある意味、>>111の指摘は正しいと言えます。
また同時に、>>112-114の指摘も正しいと言えます。

世界時の種類↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%99%82#.E7.A8.AE.E9.A1.9E

時間って、結構面倒くさいのです。
どちらにせよ、スレの本筋とは関係の無い話ではあるのですが。。。
113:2011/02/28(月) 15:47:45.03 ID:
>>111
極地の冬は時間が止まるのか。
114:2011/02/28(月) 20:06:47.29 ID:
>>111
現在の時間(1秒)の定義はセシウム原子のエネルギー準位の遷移による
放射光子の周期数×9192631770です
157:2011/04/07(木) 21:56:12.27 ID:
徐々にーとか一気にーとかじゃなくて定量的に物事言えよ。
172:2011/04/12(火) 23:44:01.76 ID:
太陽が無くなれば、1ヶ月以内に全球凍結するだろうな。
ただし、火山、温泉、熱水噴出口等の熱源付近は液体の水があったり、
気温がある程度高かったりするだろう。

人類が生き残るにはとにかく発電出来るかどうかにかかっているな。
発電出来れば、例えばドーム等の施設を作ってその中で、
液体の水を作り、気温も上げて、動植物の生態系もある程度は作れるだろう。
言ってみれば宇宙コロニーを作るようなものかもしれない。
その為には、発電の燃料や輸送ルートの確保、発電所の整備をしっかりしておく必要がある。
上手く行けばかなり長期間人類は存続可能だろう。
173:2011/04/18(月) 14:36:22.70 ID:
火山付近の地価が急上昇するね
174:2011/04/18(月) 18:06:07.27 ID:
お前等解ってないな
「太陽が消滅」だぜ?
太陽が消えて無くなったら熱や光が無くなるだけじゃない
地球や他の惑星も太陽の重力から解き放たれて公転軌道から外れる
下手をすると木星や土星に吸い寄せられて…ドカンだ
それまで何日かかるかもしくはそうなるかどうか頭が良い奴確率と時間をを計算してくれ
176:2011/04/18(月) 18:52:20.70 ID:
隕石が頭に当たるぐらいの確立じゃない?
183:2011/04/20(水) 06:09:58.17 ID:
まずない
木星の質量でさえ太陽の0.1%に満たないし
ほぼ確実に双曲線軌道になる
184:2011/04/20(水) 11:14:17.38 ID:
太陽ってスーパーな奴だな
185:2011/04/20(水) 20:55:12.50 ID:
まずない
まずない
こればっかり、言い訳用意するなっつーの
有るのか無いのかハッキリするべき
192:2011/04/20(水) 21:27:49.48 ID:
>>185
条件によっては木星との衝突もありえる。

太陽が消える正確な時刻が分かれば計算できる。
何時消えるか分からない状態では、確率で考えるしかない。
木星との衝突は、1/1億分の以下であることは確か。
193:2011/04/20(水) 21:31:44.79 ID:
>>192
1億分の1以下ってどっから引っ張ってきたの?
具体的な数字出したって裏付けないなら意味ないよ
だから「ほぼ無い」「まず無い」って言ってんのにさ
209:2011/04/21(木) 23:26:03.80 ID:
>>193
地球と木星の公転軌道面は異なる。
地球が太陽の引力から解放されて直線運動をして、木星軌道を横切るタイミングは1年で2回しかない。
しかもその時に偶然木星が地球が向かう方向に向かわなければ衝突しない。
どう考えても1/1億分の以下であることは確か。
210:2011/04/21(木) 23:31:22.32 ID:
>>209
そんなことは知ってる
「1/1億分の以下」は「1億分の1以下」という意味だろうと思うけど
感覚じゃなくロジカルに計算で少なくともそうなるということを示せんのかって話
376:2011/06/28(火) 21:01:54.43 ID:
>>210
木星の視直径40秒を使うと地球と木星の両方が丁度いい位置にいないといけない。
2/(40/(360*60*60))^2=1/524880000
数億分の1程度。

衛星になる望みはあるかな…。
潮汐力で地球が破壊されるから木星大気での減速は無理。
火星と小惑星帯とガニメデ衛星使ってなんとかなるか。
186:2011/04/20(水) 20:59:59.58 ID:
馬鹿にはどれだけ正確に言っても確かに意味ないんだよな
有るか無いかで言えば,無いよ.ぶつかることは絶対にない
187:2011/04/20(水) 21:05:08.75 ID:
これはこれは頭の良いお方、失礼しました
まずないという答えが正確な言い方ですか
私にはむしろいいかげんな答えにしか見えませんよ
「まずない」や「ほぼ」という言い方は感心しませんね
188:2011/04/20(水) 21:08:52.87 ID:
仲良くやろうよ
189:2011/04/20(水) 21:19:30.84 ID:
間違ったことを言わないことがいい加減だというなら
間違いをはらんでいても無理やりオールオアナッシングで答えることは不誠実だとか言うんだろ
難しいよね
原発事故の解説に呼ばれてる有識者には同情する
190:2011/04/20(水) 21:24:44.73 ID:
おやおや、逆切れも甚だしいですね
あなたの回答は自分の足元をすくってるだけだとなぜ気がつかないのか
「まずない」は「ない」ではありません
これは解りますね?
あなたは次の回答で「絶対にない」と言い換えています、これはいけません
馬鹿にも解るように説明するなら
「確率はかなり低いがありえない事ではない」とするべきです
自分の意見を尊重したい気持ちもわかりますがそれでは科学になりませんよ


191:2011/04/20(水) 21:27:35.72 ID:
「確率はかなり低いがありえない事ではない」という意味で「まずない」だよ
統計取ったわけじゃないが大概の日本人なら同じ意味だと受け取るんじゃないか?
にも関わらず0か1かで訊く馬鹿のために「絶対無い」って言ってあげたんだよ
195:2011/04/20(水) 21:34:50.79 ID:
>>191

なら「絶対」って付けちゃダメだろw
まず無いって言ってるのに日本語が理解できず0か1で聞くようなデジタル馬鹿は放っとけばいい
197:2011/04/20(水) 21:37:34.36 ID:
>>195
皮肉も通じないとは思わなんだ
198:2011/04/20(水) 21:39:15.06 ID:
>>197
それはキミの文章が下手だって事じゃ
194:2011/04/20(水) 21:32:55.43 ID:
>にも関わらず0か1かで訊く馬鹿のために「絶対無い」って言ってあげたんだよ
それなら「有る」と言うべきでは?

196:2011/04/20(水) 21:36:49.38 ID:
>>194
これは例としてあげる数字だが
0.01%の確率で衝突するとして
これを「衝突することはまずない」と答えるのはさすがに異議ないだろ?
有るか無いかで答えるなら「無い」の方が圧倒的に近いから俺はそう答えたんだが
もし少しでも可能性があるならはっきり「ある」と答えるべきだというなら,お前にはそう答えるべきだったんだろうな
199:2011/04/20(水) 21:42:58.41 ID:
0.01%でも当る確立が有るなら有るとするべきだと思います
200:2011/04/20(水) 21:51:47.75 ID:
>>199
なら「まず無い」なんていう表現を見かけたら国語辞典を引いてありえないわけじゃないことを確認した上で
「有る」んだと脳内変換すればいいでしょう

一方で世の中にはハッキリしない回答であったとしても嘘のない正しい回答を求めている人もいるでしょうから
両者の要求を折衷するとやはり「まず無い」のような答えがベターでしょうね

テレビに出てる学者さんはいい加減に解説してるわけじゃないんですよ
全知全能にはまだまだ遠く及ばないですからね
202:2011/04/20(水) 22:09:50.46 ID:
>>199の脳内理論を押し付けられても困る
「有り得る」なら同意するが、実質的にほとんど起こらない現象を「有る」と表現しろという主張は相当無理があるぞ
201:2011/04/20(水) 21:58:43.33 ID:
ではなぜあなたは「絶対ない」と言ったのか
そこがおかしいですよ
203:2011/04/20(水) 23:21:20.41 ID:
では無いのか?
204:2011/04/21(木) 00:53:52.65 ID:
>>203

「ほとんど無い」という概念を理解できない、0か1かしか知らないようなデジタル脳はもう一度小学校からやり直せ

211:2011/04/22(金) 00:09:11.03 ID:
1億分の1以下と言っても、ならば1兆分の1よりは起こりやすいのかと言えばそうでもない。あるいはわからない。
そこに裏付けがないなら、具体的な数字をあげたところでかえって曖昧になるばかりか更なる誤解を生みかねない
この「1億」が何ら特別な数字ではないということすら大衆には理解されない
だから明確な根拠のない数字は不用意に言うべきでない
212:2011/04/22(金) 02:03:04.54 ID:
木星の視直径が40秒なので、全天360°の面積の1/13億程度。
大雑把に考えると、これが衝突確率になる。
(木星と衝突するのは木星起動の遥か外側なので、衝突地点での木星の視直径は更に小さい。)
213:2011/04/22(金) 07:21:11.80 ID:
直接木星に一直線の確率じゃダメでしょ
木星の重力圏に捕まって衝突する可能性も含めないと意味無いよ
214:2011/04/22(金) 07:28:22.31 ID:
俺が「1億分の1以下」という確率そのものに文句付けてるわけじゃないって分からんのかな
それとも引き際を見失ったか

まあ計算も怪しいけどな
全然同様に確からしくはないし
216:2011/04/22(金) 10:01:43.62 ID:
>>213
地球と木星の軌道速度の差が17km/sと十分早いので無視して問題ない。

>>214
より確かで説得力のある計算の裏付けを示して書くなら話が分かる。
217:2011/04/22(金) 13:28:34.11 ID:
なぜこうも人の話を聞かない阿呆ばかりなのか
219:2011/04/22(金) 20:02:34.95 ID:
俺木星だけどなんか質問ある?
229:2011/04/25(月) 09:34:51.59 ID:
上記内容を訂正します
プロキシマ・ケンタウリが光速に限りなく近い速度で地球に向かっていたとすると4.22 光年後に地球にもっとも近くへ到達します
ですが、プロキシマ・ケンタウリの今の移動速度は秒速25kmです、地球のそばまで来るのに25,000年かかります
234:2011/04/26(火) 13:52:24.70 ID:
日が沈んでから日の出(8時間)までで10℃下がるとする
24時間で30℃下がる
190℃ぐらいで大気が凍って呼吸できなくなるから
一週間ぐらいでみんな窒息死する
235:2011/04/26(火) 13:54:14.73 ID:
-190℃

238:2011/04/26(火) 17:53:16.50 ID:
じゃあおまえが答え出せ
242:2011/04/26(火) 23:29:19.37 ID:
>宇宙や科学の話しをするならば0.00000001%でも確率が有るなら「有る」とするべきだと思うけどね

この理屈だと、何でも有りになる。
243:2011/04/26(火) 23:57:55.56 ID:
>>242

だわな
椅子に腰掛けようとしたら、自分の身体を構成する全ての粒子がトンネル効果で椅子を全てすり抜けてしまって
ドスンと尻餅をつく可能性だってゼロじゃないよな
250:2011/04/27(水) 03:48:19.92 ID:
>>243
それは0でしょ
251:2011/04/27(水) 05:39:05.26 ID:
>>250

確率としてはゼロじゃないでしょ
限りなくゼロに近いから、普通それを「有る」とはいわんけどな

完全にゼロでなければ「有る」というべき、という現実を無視した主張をしてる連中にとっては違うのかもしれんが
244:2011/04/27(水) 00:26:45.10 ID:
そういうの屁理屈って言うんだぜ?w
245:2011/04/27(水) 00:30:10.27 ID:
>>温度が下がれば下がるほど温度低下のペースは鈍くなるはず
その根拠は?
246:2011/04/27(水) 00:35:57.18 ID:
>>244

屁理屈こねくり回してるのは「宇宙や科学の話しをするならば0.00000001%でも確率が有るなら「有る」とするべき」と言ってる奴だろ
俺はそれに対して皮肉で返してやっただけだw

>>245

ステファン・ボルツマンの法則
254:2011/04/28(木) 08:48:38.94 ID:
絶対無いさんまだ居るのかな
何してるのかな
263:2011/04/29(金) 09:17:23.49 ID:
太陽無くなったら地球の軌道がおかしくなって他の惑星と衝突アボーンとか
264:2011/04/29(金) 10:07:37.99 ID:
>>263

全く有り得ないわけではないが、確率的にはものすごく低い
まあ恒星間空間を単独で漂う自由浮遊惑星になるのがオチだろう
267:2011/04/29(金) 22:59:34.55 ID:
>>263
空を見上げて惑星を見ても点にしか見えない。
10倍の双眼鏡で見ても、木星も金星も土星も火星も点にしか見えない。
このことからして衝突する可能性がゼロに近いことが納得できると思う。

スケールを100億分の1にして考えてもらえば更に分かりやすい。
無重力の真空中で、60m離れた直径1.4cmの的に1.3mmの砂粒を適当な方向に投げて当たる確率のようなものだ。
265:2011/04/29(金) 11:40:16.32 ID:
なるほど………
木星や金星に引っ張られないのかな?

アンドロメダ銀河と衝突でアボーンしそうな感じもするんだが………
266:2011/04/29(金) 22:11:10.11 ID:
ハハッワロス
268:2011/04/29(金) 23:09:42.49 ID:
もうループの時間か
早かったな
269:2011/04/29(金) 23:11:29.43 ID:
ID:QyO12RJ0
知ったか乙
285:2011/05/02(月) 20:31:22.88 ID:
消滅前の太陽は、土星の軌道位まで膨張して爆発ってどっかで見たような
見てないような

地球は太陽に飲み飲まれて死ぬのか
294:2011/05/05(木) 03:52:24.05 ID:
>>285
>消滅前の太陽は、土星の軌道位まで膨張して爆発ってどっかで見たような見てないような
>地球は太陽に飲み飲まれて死ぬのか

少しは調べてから書き込むべき。

最終的に太陽は現在の200倍から800倍にまで巨大化し、膨張した外層は現在の地球軌道近くにまで達すると考えられる。
このため、かつては地球も太陽に飲み込まれるか蒸発してしまうと予測されていたが、
20世紀末 - 21世紀初頭の研究では赤色巨星段階の初期に起こる質量放出によって重力が弱まり、
惑星の公転軌道が外側に移動するため地球が太陽に飲み込まれることはないだろうとされている。
赤色巨星の段階に続いて太陽は脈動変光星へと進化し、これによって外層の物質が放出されて惑星状星雲を作り、
10 - 50万年にわたってガスを放出する。
その後、太陽は白色矮星となり、何十億年にもわたってゆっくりと冷えていき、123億年後には収縮も止まる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD
287:2011/05/02(月) 20:41:41.43 ID:
なんと物知りがいたものだ

そんな軌道が変わるなら、一年が365日じゃ済まなくなるのか1日が24時間じゃなくなるのか
288:2011/05/02(月) 21:32:12.34 ID:
>>287

太陽の質量が小さくなって軌道が遠ざかるとその分公転周期は長くなったはず
自転周期に関しては、今も地球の自転周期は月が公転してる関係で徐々に長くなってる

とはいえそれ以前に赤色巨星化した段階で太陽の光度は今の数千倍くらいになるだろうから、
地球は灼熱地獄になって大気も海も吹き飛ばされて終わり
地球自体が飲み込まれずに残ったとしても、生命体はまず間違いなく絶滅確定
293:2011/05/05(木) 03:31:45.74 ID:
いいえ、こだまです
297:2011/05/05(木) 22:26:57.51 ID:
Wikipediaをバカにする人いるの?結構つかえんじゃ~ん
307:2011/05/06(金) 22:21:27.42 ID:
あそっか
315:2011/05/13(金) 18:09:10.50 ID:
月読みの暴挙により天照大神が穴に隠れてしまったから、さぁ大変。
って事です。
316:2011/05/13(金) 18:14:09.83 ID:
あっ誤爆。スサノオでした。
317:2011/05/13(金) 23:02:39.98 ID:
そもそも太陽が無くなったら時間も定かではなくなるのか
318:2011/05/13(金) 23:04:00.06 ID:
>>317
さすがに現代にもなって日時計は使わないから大丈夫です
321:2011/05/13(金) 23:09:18.10 ID:
即レスでウケて返事し忘れたが
>>318
キミの無知加減にはもっと驚いてたんだぜw
グリニッジの標準時間が何で決められてるか知ってるか?
322:2011/05/13(金) 23:10:16.20 ID:
>>321
知らない
教えて
319:2011/05/13(金) 23:05:45.76 ID:
即レスかよw
320:2011/05/13(金) 23:07:11.95 ID:
今の時間はセシウムによって定義されてるからな
323:2011/05/13(金) 23:10:49.48 ID:
即レスかよw


324:2011/05/13(金) 23:11:08.18 ID:
すこしは調べろよ
325:2011/05/13(金) 23:15:14.03 ID:
ググったけど
太陽時ってもう公的には使われてないじゃん
ググったけど
SIの秒の定義は太陽関係ないじゃん

どういうことなの?わけわかめ
326:2011/05/13(金) 23:18:44.39 ID:
そこまでぐぐって何で理由が分からないんだよ
327:2011/05/13(金) 23:24:42.91 ID:
分かってるつもりだったが
もしやID:Vy9eacoYが世界最先端レベルに高度で専門的な話をしてるんじゃないかと
328:2011/05/13(金) 23:26:17.39 ID:
おいおい
こんどは推測で話し始めたのか
頭大丈夫か?
329:2011/05/14(土) 01:46:08.30 ID:
>>328
オレもちょっと分からない。
今は原子時計によって時間が決められてるから、グリニッジは関係ない=太陽は関係ない=時間が定かでは無くならない
だと思ったんだが。
331:2011/05/14(土) 07:49:23.74 ID:
完全に正確に時を刻む時計があっても地球の自転と公転にムラが在ったらそれを修正しなきゃならんだろう?
その基準になるのが結局太陽ってことでしょ

332:2011/05/14(土) 07:59:48.48 ID:
>>331
なるほど。
時間じゃなくて、暦の話ね。
339:2011/05/20(金) 22:35:18.17 ID:
3.11までは、原発は運転停止すれば安全なものと思っていた。

停止しても、冷却がなければ、福島のように勝手に暴走して、メルトダウンまで行くということ。
人手が入って、水素爆発であるから、
天変地異によって、大地震や津波、気象変化により、地球上が被害を受けるとの仮定をして、


人類は、環境温度や食料云々の前に、綱がなくなって、暴走して、作業員が次々に逃げ出している原発が
世界規模で爆発を繰り返すほうが、現実的に怖いとおもう。
冷却つずけないと、福島のように2日で爆発するということは、
地球規模の天変地異後の2日後には、世界的に放射能の有害な世界になっていることです。
341:2011/05/27(金) 05:21:55.94 ID:
①「オーロラを見に行こう!」格安パックツアーなる詐欺商法に皆がついひっかかり治安が悪化する。
②今の1kwh当り約20円の電気代が100万倍の値段になりオタクの間でおもにに混乱を招く。
③紫外線ケア商品に力を入れていた製薬会社が相次いで倒産し日に焼けた山岳高山民族が微笑む。
④焚き木の相場が今の100万倍になり環境変化を察したご当地のブッシュマンが利権争いでうろたえる。
⑤氷の相場が今の100万分の1になりテキヤのお兄さんが氷を不法投棄し社会問題になる。
⑥エベレストで遭難してた人が遭難地よりも周りの気温のほうが低くなったため奇跡的に無事生還する。
⑦実はマイナス300℃が存在することがわかりnature紙面の記事に全世界が大騒ぎになる。
⑧日本のインチキ核融合発電会社が放射能のリスクを知りつつアフリカ各地にプラントを作りゾマホン大統領にお叱りを受ける。
⑨オーナー店舗経営のコンビニエンス夫婦が店よりも電気確保のための自転車こぎ発電バイトを年中募集するようになる。
⑩太陽エネルギーを量子テレポーテーションにより確保しようとする企業が出没するが成功しすぎて地球温暖化に拍車がかかる。

342:2011/05/27(金) 09:23:48.55 ID:
>>341

以上①~⑩の中からぜひ選んでくれw
344:2011/05/28(土) 00:42:07.70 ID:
>>341
7までは読んだけど8の途中からだるくなってやめた
345:2011/05/28(土) 01:12:08.55 ID:
>>344
がんばったほうだよ
352:2011/05/30(月) 02:56:50.47 ID:
(続き)
ということでホットジュピターになりそこねて恒星に落ちてしまった惑星は
それなりにあるんじゃないかな、と。

NHKスペシャルでホットジュピター取り上げた番組があったと思うんだけど、
なんてタイトルだったかなぁ?
その番組では「中心の恒星が周囲のガスを吹き払うまで惑星の落下は続く」って言ってた記憶がある。
367:2011/06/24(金) 00:09:20.46 ID:
うちのぬこ、ねるときに、ふとんのなかに、もぐってくるからあったかいよ。たいようなんかなくても、へっちゃらさ
368:2011/06/24(金) 11:49:18.89 ID:
>>368

間違ってもおまいんちの、ぬことオメコすんなよ
370:2011/06/24(金) 12:26:44.61 ID:
>>368
自分のアンカー書いてるのは初めて見たな
387:2011/07/01(金) 23:40:14.76 ID:
余裕

400:2011/07/07(木) 22:10:34.98 ID:
人間を生身のままいきなり宇宙空間に放り出したらどういう死ぬ方するのかな。
気圧(「気」なんかないけどw)から考えると一瞬で内部から身体破裂?、温度から考えると一瞬で凍結死?
401:2011/07/08(金) 00:44:04.29 ID:
>>400
オパオパが死んだ時みたいになる
403:2011/07/08(金) 09:31:46.82 ID:
>>400

血液が沸騰・・・そして爆発?
405:2011/07/08(金) 18:29:39.71 ID:
>>403
昇華すんじゃね
406:2011/07/08(金) 18:36:40.51 ID:
>>405
フリーズドライだな。
408:2011/07/08(金) 21:24:31.17 ID:
>>400
そもそも死なないしなぁ
409:2011/07/09(土) 00:18:32.87 ID:
>>408←ナニコレ珍百景
411:2011/07/09(土) 19:18:23.60 ID:
>>400
ナタデココゼリーからゼリーが飛び出すことはあるが、
硬い皮膚や血管に覆われた人間は破裂せんし血液も沸騰せんでしょう。
せいぜい目玉がちょっと出るぐらい。
周囲に体温を持ち去る分子もないから、すぐに体温が下がる要因は
体表面の水分の気化熱ぐらい。まあちょっと冷たい程度でしょう。

なんだかんだでトータルリコールのラストシーンがいちばん現実っぽいと思う。
窒息死するまでは死にません。

>>410
それはJOJOの奇妙な冒険のカーズ様ですな。
414:2011/07/10(日) 01:01:58.72 ID:
>>411
それ最近テレビでやってたねw
415:2011/07/11(月) 12:46:40.86 ID:
>>411

宇宙空間の真空と、テレビのバラエティーでつくる真空は真空の度合いが
ちがうだろうし、真空における太陽の光と影の温度差も考慮されてないしね
416:2011/07/11(月) 19:12:15.71 ID:
>>415
テレビのバラエティーで使うようなロータリーポンプでも手軽に
10^-1Pa程度の真空を得ることができる。これは100万分の1気圧に
相当するが、こんなもの人間にとっちゃ完全真空と変わりないでしょう。

あと体の片面だけ太陽に当たってればJOJOに温度差ができていく
でしょうが、そんなもの気になる頃にはとっくに窒息死してる。
どうしても気になるならぐるぐる回って、日光が均等に当たるようにしたらいい。
417:2011/07/12(火) 08:20:12.08 ID:
>>416

そうか、ロリータポンプか
410:2011/07/09(土) 12:23:09.01 ID:
考えるのをやめるだけだろ
413:2011/07/09(土) 20:53:29.02 ID:
宇宙じゃ波紋つかえないよな
418:2011/07/12(火) 16:53:59.72 ID:
>【10:417】太陽が消滅したら人間は何日間生存できる?

太陽の引力がなくなり、地球は放浪の旅へ

他の惑星と衝突して消滅するか、他の星に吸い寄せられやがて衝突。

468:2011/08/20(土) 22:42:18.11 ID:
>>418
引力、重力波の速度ってもうわかったんかな?
469:2011/08/22(月) 12:32:53.38 ID:
>>468
重力波/重力子はまだ発見されてないというか正直存在するのかしないのかもわかっていないが
重力の存在を論拠としてあると仮定すると
重力は無限遠方まで到達する力なので媒介粒子が存在するとすればその質量は0である
質量0の粒子は光速度以下ではエネルギーも運動量も持たない(力を伝えられない)
ゆえに重力子が存在すればその速度は光速度に等しい
これが相対論から導かれる答えになる
470:2011/08/25(木) 15:59:08.68 ID:
>>468
7,8年前に光速だと検証されたと記憶。
クエーサーの前を木星が横切るとき、木星の重力レンズ効果を測定して検証された。



419:2011/07/12(火) 16:55:33.03 ID:
>>【10:417】太陽が消滅したら人間は何日間生存できる?

人類の命は3日
437:2011/08/04(木) 15:47:52.95 ID:
だからありえないのだ
442:2011/08/04(木) 19:43:57.94 ID:
>>437
「だから」の意味分かってる?
438:2011/08/04(木) 15:48:11.25 ID:
だからありえないのだ
443:2011/08/04(木) 20:07:05.50 ID:
核融合って本当にあるの?
444:2011/08/04(木) 20:09:04.31 ID:
それは「太陽って本当にあるの?」という質問とほぼ同じなわけだが
446:2011/08/04(木) 21:00:41.65 ID:
じゃぁ、核融合炉は?
449:2011/08/04(木) 21:47:25.34 ID:
>>446

研究段階のものならあるはず
実用レベルに達したものはまだないっていうか何年後に実用化されるかもわからない
447:2011/08/04(木) 21:17:19.96 ID:
それも反応させるためだけの、それ以外に全く役立たないモノなら意外と簡単に作れる。
最近だとどこぞの天才高校生が手作りで完成させたぞ。
454:2011/08/05(金) 11:18:39.06 ID:
NASA 2012 PLANET X SIMULATION LEAKED - MUST SEE!
NASAの警告 惑星シュミレーション 必ず見ろ!



これはじめてみたけど・・・・・・・・こんなことになったら地球は本気で終わるな・・・・・・・
地震とかの沙汰じゃねーよ・・・・  地球が凍っちまう・・・・・
455:2011/08/08(月) 15:47:03.43 ID:
>>454
Universe Sandbox の無料体験版をDLして
妖星ゴラスの物理量をインプットして起動させたら面白いよw

南極でいくらジェット噴射して逃げてもどうにもならないってわかるよ。
458:2011/08/13(土) 10:23:29.41 ID:
>>454
2012年夏までもうそんなに遠くは無いな・・・1年弱しかない
多分来年の今頃は東日本大震災で死んだ人達は有る意味ラッキーだったという感じになっていたりして
459:2011/08/13(土) 13:33:56.60 ID:
>>458
動画を見たが、文系人間にはわからん。
何が怒ってるのか教えてエロい人
460:2011/08/13(土) 16:17:50.05 ID:
>>454
ちょw ニビル重すぎだろw 
461:2011/08/13(土) 16:18:19.33 ID:
>>460
得体の知れない高質量星が太陽に大接近して惑星の軌道が大きく変わる
まあそんな星が太陽系中心部に偶然にやってくる確率なんて話にならない位小さいだろうけど
462:2011/08/13(土) 20:23:48.80 ID:
あ、得体のしれない惑星って
仮定なのね。
479:2011/09/14(水) 01:15:08.04 ID:
そこまでやったら計算もしてしまえよ
既出だがな
481:2011/09/14(水) 01:53:54.65 ID:
高校物理で事足りるんだが
482:2011/09/14(水) 01:54:44.84 ID:
いやまあどうしても多体で解くなら確かに計算機いるか
496:2011/09/25(日) 10:59:44.71 ID:
サンバルカン
497:2011/09/25(日) 17:59:24.66 ID:
test
515:2011/10/29(土) 13:29:36.57 ID:
もしそうだとしたらどう気をつけるんだよ
519:2011/10/29(土) 23:29:31.91 ID:
太陽と地球が今のままなら自転も公転も止まらないよ。
太陽が急になくなったら地球は直線軌道で飛び出して自転は続くよ。
522:2011/11/05(土) 03:58:57.87 ID:
>>519
> 太陽と地球が今のままなら自転も公転も止まらないよ。

重力波を放出(=運動量を放出)してるから、どんどん公転半径は縮小するよ。
523:2011/11/05(土) 14:56:54.14 ID:
>>522
何兆年かかるんだろう?兆では足りないかな。
誰か計算してよ。
530:2011/11/11(金) 17:54:12.79 ID:
太陽がなくなったってのはどうやって知るんだろ
太陽観測してる衛星やらが太陽見失う、太陽をあてにしてるセンサーが使えなくなる
惑星を観測してる望遠鏡が予想してる位置に惑星がなくて軌道が変化してるのを知るとかか?
531:2011/11/11(金) 18:36:24.91 ID:
>>530
キミ太陽見たことないの?
532:2011/11/11(金) 20:00:18.36 ID:
>>531
あるけどなにか?
533:2011/11/11(金) 20:38:01.65 ID:
>>532
肉眼ですぐわかるだろ と>>531は言いたいんじゃないか?
534:2011/11/11(金) 20:38:55.15 ID:
>>532
じゃあ太陽がなくなったらすぐにわかることぐらいわかるだろ?
急に暗くなるんだから。それより早く知る手段は皆無。
535:2011/11/11(金) 20:49:40.00 ID:
>>534
まあそうかも知れんけどそれはこのスレ見てる人間の思い込みじゃないかね
この事態に遭遇した人間は別の可能性を考えるかもしれない
例えばスレタイが太陽遮ったらとか太陽を別の物体にすり替えたらとかだったらどうだろうか?
昼間暗くなったときに太陽消滅した!と断定するだろうか?
536:2011/11/11(金) 21:50:10.07 ID:
スレ違いの例を出して思い込みとか言われても困る。
太陽スレでやってくれ。なかったらたてればいい。あってもおかしくない。
537:2011/11/11(金) 22:22:08.45 ID:
思い込みより先入観のほうが適当だったな
538:2011/11/12(土) 10:35:47.63 ID:
>>537
思い込みでも先入観でもないじゃん
スレ違いの想定を後出しで出してゴネてるのは誰がどう見てもそちらの方だよ
539:2011/11/12(土) 11:09:50.64 ID:
>>538
どういう経過で太陽消滅したと認識するのか?というのに対して
暗くなったんだから消滅したんだろうという考えは答えを知っている場合の短絡的なものだろうと言った
別の想定をしてるスレで同じ問いをしたときに暗くなったら太陽なくったと分かるとは言わないでしょ?
541:2011/11/12(土) 13:34:55.47 ID:
>>539
意地張るなよ。もしスレタイに『人間は何日間生存できる?』がなかったらその議論もありだよ。
でもここは太陽が消滅した後、どう生き延びるかを考えるスレであって
その前提をキミが勝手に歪めてるわけだ。これってルール違反なんだよね。

スレが立てられた直後か、「スレ違いだけど」と断りを入れてれば受け入れられたかもね。
そうしなかった以上キミは自分以外が間違ってると決めつけてスレ違いの話題を続けようとする
やっかいなわからず屋でしかない。
543:2011/11/12(土) 14:56:32.28 ID:
なんか複雑に話してるけど、太陽が爆発して消えるってことなら
地球なんか太陽の爆発で一瞬で焼け野原。酸素も消えて終了!
シェルターなんかなんの意味もない!

544:2011/11/12(土) 15:24:41.34 ID:
>>543
また勝手な条件君かよ。太陽が爆発して消えるなんて言ってねえだろ。
しかもその爆発の規模すらお前が勝手に決めてんじゃねえか。
どういうメカニズムでそんな爆発するのか説明してみろや。
545:2011/11/12(土) 15:37:50.40 ID:
>>544
まず、爆発以外に太陽が消滅する可能性が思いつかない。
一瞬で消えたとしても、公転しなくなって終了!
爆発の規模はわからなくても、太陽フレアを考えるとだいたいは想像つく

断言は確かにできないけど、宇宙の話なんだから予想の範疇で考えるしかないだろ・・・
546:2011/11/12(土) 16:00:41.81 ID:
>>545
消滅の過程はどうでもいいっつってんだろ!
公転しなくなってからどう生き延びるかの話だっつってんだろ!
現在の宇宙論で太陽が爆発する予想なんかねえよ。ぜんぜん予想の範疇じゃねえ。
フレアの起こるメカニズムで太陽が消滅するわけないのに参考になんかなるかよ。

質量をあたえて超新星爆発させる以外に方法はねえんだ。もはやそれは太陽とは言えないし
その過程での影響が大きくてその後の話はどうでもよくなる。
だからなんの理由もなく突然消滅するって条件を受け入れるしかねえんだよ。
ありえないことを仮定するんだから太陽消滅の直接的な影響は考えないことにするしかねえんだよ。

わかったらこのスレにでも行け
恒星を破壊する方法をまじめに考える
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1295662189/l50

591:2011/12/04(日) 14:00:22.56 ID:
太陽が爆発するって仮定も同レベルで意味不明だけどな。
とりあえず>>546あたり読んでからレスしな。

553:2011/11/14(月) 02:10:20.96 ID:
見えるものが「ボコスカウォーズの金の兵士」てw
言ってることは良いのに例えのせいで台無しだw
561:2011/11/19(土) 02:05:59.19 ID:
地熱が豊かな地域で滅亡までほそぼそと生き延びるしかないだろうな
地熱利権をめぐって血で血を洗う争いが起こる事は避けられない
563:2011/11/19(土) 09:55:38.62 ID:
>>561
それ以前にこうやって今呼吸している空気さえ凍りついてなくなるんだが・・・
地熱利権がどうたら言ってる場合じゃないと思うが
562:2011/11/19(土) 02:09:47.39 ID:
化石燃料とか核燃料がなくなって、風力や水力潮力で地下居住区に暮らしてもつらそうだから、最後の砦地熱ってことで
ちなみに水力風力も太陽が突然無くなったら使い物になるまいってことで
564:2011/11/19(土) 11:16:01.39 ID:
以外に思ったより急激に冷却されるみたいだな。
海底まで海が凍るまでは大丈夫そうな気はするけど、海が凍っちゃったら90Kまで冷えて窒素が液化して連鎖的に終了か・・。
確かに事前に想定して生命維持機能完備のシェルター作ってないと、利権云々ゴタゴタしてる間に大気圧が低下して耐えられるバクテリア等一部を除いて全て滅亡か。
バクテリア類も、火山等から充分熱が確保できなくなった時点で活動停止か。
シェルター内でもエネルギー源なくなって生命維持関連動かせなくなったら滅亡。エネルギー危機より先に食料問題であぼんか。

太陽様々だわ。厳密にシミュレーションして特集番組とか作って欲しいな。面白そう。
565:2011/11/19(土) 11:45:07.64 ID:
>>564
地下深くに生息する微生物は生き残ると思う
地熱は太陽由来じゃなく、荒っぽい言い方をすれば地球誕生時の熱を溜め込んでじわじわ放出してるだけだから
太陽がなくなっても火山活動その他の活動は同じように続くはず
566:2011/11/19(土) 11:51:05.82 ID:
>>565
うん、だから活動停止って書いたの。
でも、潜れるところまで潜ったバクテリアも、核まで冷えきったら動けなくなる。
地球の熱収支を調べて欲しいんだけど、結構冷えるの早そうだよ。

ちなみに火山活動続くんじゃぁこのスレに初めて来て思いつきでさらっと言った矛盾踏襲してるじゃんw
567:2011/11/19(土) 14:10:41.14 ID:
>>566
誕生以来46億年経ってるけど、未だ地球の内部はドロドロに溶けたマグマが地上に噴き出してくるくらい熱いんだが
地球が地熱を保てているのは太陽の輻射のおかげってこと?

>ちなみに火山活動続くんじゃぁこのスレに初めて来て思いつきでさらっと言った矛盾踏襲してるじゃんw

悪いが言ってる意味がわからん
578:2011/11/24(木) 17:55:28.29 ID:
そんなパターンは
ママ玉ねぎが目に浸みたのって言って
ティッシュを渡すんだよ

僕も頑張るから
ママを笑顔にするからって言うんだ。
ママの泣き顔が晴れるから・・・
579:2011/11/24(木) 18:00:59.36 ID:
おいオッサンどもいいかげんにしろよw
580:2011/11/24(木) 18:10:14.84 ID:
消防だったり厨房だったり恒星だったり
スキマスッチの全力少年だったり
581:2011/11/24(木) 18:16:49.89 ID:
地下に潜れば安泰だろ
マグマの熱がある限りは
マグマの熱で凍って固体になった酸素も暖めて使えばいいし
582:2011/11/24(木) 18:37:28.27 ID:
地下掘り名人のモグラでも外出るわ
ハムハム
湿度たか~高温多湿は向かん

次の希望を込めた世号は予言通り安泰時代でどう?
また着た2度目のフラッシュバックだわ


583:2011/11/24(木) 18:56:25.26 ID:
しかし、今年は東北のこともあるな~

安泰でいいのかな?
もっと、勇気が出る圧し折られないしなやかな日本人根性みたいな
言葉が見あたらないかな?
585:2011/11/24(木) 19:42:00.48 ID:
太陽が消滅した程度なら
地下に移住して地球中心の熱でなんとかなりそう
むしろ太陽が赤色巨星になった場合のほうがキツいのでは
599:2011/12/06(火) 01:38:10.09 ID:
地表が絶対零度近くまで冷えたとしても、マントルや外部・内部コアは、太陽の存在とは関係なしに熱があるんでしょ?
だったら、酸素とか食料とかはこの際全て抜きにして、近くをどのくらい掘り下げれば、人類が生存可能な温度になるのかな?
600:2011/12/06(火) 01:41:23.97 ID:
>>599の訂正
×近くをどのくらい~
○地殻をどのくらい~
失礼しました。
611:2012/01/03(火) 09:03:53.03 ID:
なんでバラバラになるんだよ
612:2012/01/03(火) 11:09:34.14 ID:
太陽は天の川中心の大質量ブラックホールの周りを回ってるんだから
太陽が消えたら地球は大質量ブラックホールの周りを回るんじゃないか
613:2012/01/03(火) 16:00:09.01 ID:
結局、スレタイの何日間生存できるか?に答えてる奴は殆ど居ないな
614:2012/01/03(火) 16:26:28.39 ID:
そらそうよ。
でも結論出す前にどういう過程をたどるかについて議論してることは
むしろ評価すべき。
616:2012/01/03(火) 20:10:56.53 ID:
太陽が一瞬でパッと消えたら地球の遠心力で何処かに飛んでいって
木星か土星かなんかに激突するんじゃないか
617:2012/01/03(火) 20:25:43.31 ID:
>>616
逆にあんな小さく見える物に当てられるコントロールがあれば天才ピッチャーになれるわ
619:2012/01/03(火) 22:17:30.35 ID:
>>617
ピッチャー?馬鹿だろ?
死ねよ
620:2012/01/03(火) 23:23:57.99 ID:
>>619
それぐらい当たる確率は少ないってことだ
分かれよ低脳
621:2012/01/04(水) 06:18:25.35 ID:
>>620
すまんな馬鹿野郎
623:2012/01/05(木) 00:14:12.62 ID:
木星あたりを一瞬で恒星化しないと氷づけ。
あと太陽系どうなんのかな。
一番強い重力を持つ惑星が選ばれて
それを中心にまた周り始めるのかな。
629:2012/01/06(金) 03:03:54.93 ID:
>>623
失礼だが宇宙版にしては、あまりにレベルが低い。
高校物理くらいマスターしてから出直した方が良い。
630:2012/01/06(金) 15:59:15.43 ID:
>>629
え?
おれもよくわからんが間違ってんのか?
631:2012/01/06(金) 16:42:26.16 ID:
>>630
指摘するのがめんどくさいほど間違ってる。
632:2012/01/06(金) 18:31:41.09 ID:
>>630
木星の重力で原子核融合爆発はおこらんだろ
633:2012/01/06(金) 22:25:34.36 ID:
>>629
おまえ態度でかすぎ
高校物理マスターレベルとか何でお前のルールをいきなり押し付けられなきゃならないんだよ
物理板でもないし
634:2012/01/07(土) 03:46:37.03 ID:
>>623
木星に水爆をぶつけると恒星化する。
その後、他の惑星は木星の周りを公転するようになる。
つまり地球が氷づけになるのを防ぐことができる。

メデタシメデタシ。
635:2012/01/07(土) 05:27:25.21 ID:
>>634
水爆程度で恒星化するわけがない
しかも木星の重力で惑星を捕獲とかまず不可能
639:2012/01/07(土) 11:36:04.21 ID:
>>634の頭がかわいそうでならない
惑星は、光ってる星の回りを回ってるわけではなくて
質量がおっきいからまわってるんでちゅよ?

646:2012/01/07(土) 21:51:11.18 ID:
>>639
それだけじゃないんじゃね?

650:2012/01/08(日) 02:43:38.56 ID:
>>646
まずはそれからだ
640:2012/01/07(土) 12:53:32.02 ID:
>>634
あなたもしかして噂のホーキンス博士?
642:2012/01/07(土) 14:53:00.15 ID:
>>634
ぶつける水爆の質量が木星の100倍ほどあるんですね、わかります。
648:2012/01/08(日) 00:04:11.99 ID:
>>634>>623のレベルに合わせて書き込んだ。
649:2012/01/08(日) 02:01:00.56 ID:
>>648
レベル合わせてもでたらめな書いたら意味ねえだろ
668:2012/03/30(金) 22:43:51.65 ID:
白色矮星になっても太陽系の惑星の中心星たりえる重力があるのかな?
漂流状態になってどこかの恒星に補足されたりしないんだろうか
669:2012/03/30(金) 23:34:12.32 ID:
>>668
太陽が白色矮星になっても元の数割くらいの質量は維持してる
だから余裕で太陽系の惑星の中心星でいられる
670:2012/03/30(金) 23:45:25.41 ID:
そうなんですか…。
教示ありがとう。
719:2012/06/05(火) 07:53:40.69 ID:
ロケットのエンジンは液体酸素と液体水素の反応システムだろ。類似のシステムで熱、光、水蒸気を作り、発電する。
原子炉と併用すれば長期間閉鎖系を維持出来る。
720:2012/06/05(火) 07:55:33.74 ID:
>>719
言い忘れたが、水素は水の電気分解で作る。液体酸素は凍りついた大気を採掘して取る。
724:2012/06/15(金) 00:49:14.78 ID:
太陽が消滅したら軌道の中心を失って、即座に地球の進行方向が変わり、地殻が変動して大地震と津波がおきて、人類絶滅。
ドヤ?
725:2012/06/15(金) 00:58:47.40 ID:
>>724
進行方向が変わるんじゃなくて変わらなくなるんだよ
727:2012/06/15(金) 05:06:25.63 ID:
>>725
遠心力が働いていたのに、無くなるのは動いていたエレベーターが止まるのと同じで、力の方向が変われば乗っている人にとっては動いたのと同じ、地殻なんてシチューの上にコーンフレークが乗っているようなもんだから、地球規模の大地震が起きるぞ
728:2012/06/15(金) 13:27:00.24 ID:
>>727
現時点で地球の自転などにより力の方向が常に変化してるのは理解してるか?
それがなくなるというのは確かに現在の状態とは異なるが
現状よりは安定すると考えられる
729:2012/06/15(金) 13:35:54.86 ID:
>>727
地球の自転忘れんなよ。
と思ったら>>728が先に指摘してるからいいや。
731:2012/06/17(日) 23:44:29.48 ID:
>>727は地球を引っ張っていたものが突然なくなるから
その一瞬だけプレートや海にショックが加わるってことを言いたいんだろ
732:2012/06/18(月) 22:05:20.74 ID:
>>731
全体が動くから局地的な影響は潮汐力成分だけでは
大したことなさそう
726:2012/06/15(金) 01:12:45.47 ID:
>>724
もうちょっと高校物理を勉強した方がいい
進行方向が変わって地殻変動が起こるのなら、太陽の周りを公転している今の方がむしろ地殻変動起こりまくるぞ
円軌道 = 常に進行方向が変わってる ってことだからな
751:2012/09/26(水) 05:29:01.36 ID:
妄想してみた
明日の昼間に突然太陽が消えたら…
快晴なら一瞬だけ満天の星空が見れるだろうな
プラネタリウムで見たような天の川がくっきり見えるだろう
人々はあわてて照明器具を点灯し始め次第にいつもの星空に戻る
しかしそこに月明かりは存在しない
突然暗くなって驚いて交通事故が同時多発するかもしれない
様々な憶測や流言飛語が飛び交い人々はパニックを起こすだろう

太陽が消えて5日後
下がり続ける気温はマイナス100℃に達し地球の人口は10億未満まで減少(もっと減ってるかもな)
海や湖は凍りついてライフラインは一部に電力供給されるのみ

太陽が消えて10日後
気温はマイナス200℃
地球の人口は数千人まで減少
この数千人が結構粘るが2ヶ月後全滅

753:2012/09/26(水) 10:47:22.29 ID:
>>751

マイナス200℃って大気の主成分の窒素や酸素が気体でいられなくなるレベルだぞ
そんな環境で2ヶ月も粘れるとは思えんのだがな
755:2012/09/26(水) 13:27:01.41 ID:
>>753
俺は地表で2ヶ月粘るとは言っていない
756:2012/09/26(水) 15:25:53.87 ID:
>>755

地表の空気がなくなっても2ヶ月間地下で粘れるような施設完成してんの?
遠い将来じゃなくて「明日」の話なんだろ?
757:2012/09/26(水) 17:28:28.43 ID:
>>756
俺の妄想なんかにマジレスしてくれてありがとうwwwww
せっかくなんで俺もマジレスするねw
2ヶ月地下で粘れる施設が無いとは言い切れないだろ?
アメリカのエリア51だっけ?の秘密地下施設とか
俺の妄想だが核戦争が起きた時にVIPが避難する核シェルター兼秘密地下施設が冷戦時代に造られていてロシアやアメリカ等の先進国には秘密地下施設が存在していると予想したわけよ
2ヶ月という数字は完全に適当な憶測だから何とでもケチつけてくれて構わんw
もっと長生きするかもしれないし短命かもしれないし
まぁ全ては秘密地下施設がどれ程のもんかによるわな
秘密地下施設が無ければ太陽消滅後10日以内に人類は間違いなく絶滅すると思うよ
758:2012/09/26(水) 20:52:58.43 ID:
>>756
施設っちゅうか原子力潜水艦の乗員辺りはそこそこ粘れるんじゃないか?
海は凍りついてしまって身動きは取れないだろうけど。
あとは核攻撃とかも想定してるような軍の地下施設とか。
760:2012/09/27(木) 13:10:44.20 ID:
>>758
海が凍り付いたら、原潜は直ちにダメじゃね?
752:2012/09/26(水) 10:00:44.82 ID:
数字を出すなら根拠も書かないと無意味
754:2012/09/26(水) 13:23:50.22 ID:
>>752
そもそもこのスレが無意味だろ
771:2012/09/29(土) 18:37:37.80 ID:
>>754
あながち無意味じゃないと思うぞ
このスレの本題からはちとズレるが地球は定期的に氷河期を繰り返しているらしいから地表の気温に影響されない程度の地下深いところで永続的に生活していく技術は必須だろ
そういう技術は人類が地球外惑星に移り住む時にも応用出来るだろうから多分アメリカの様な大国なら密かに研究されていると思うぞ
ただ2ちゃんレベルで議論しても無意味かもなw
是非とも国家レベルで議論して欲しいもんだ

亀レス長文失礼
759:2012/09/26(水) 22:16:50.90 ID:
お前らスレ読んでねえな。
807:2013/04/05(金) 10:07:39.62 ID:
あれ? 私ひょっとして釣られた?
810:2013/04/05(金) 18:46:42.48 ID:
>>807
多分、その自己レスまででテンプレだ
845:2013/09/23(月) 12:37:16.66 ID:

あ、レスが来たありがとう
そうですね仰るとおり無知で馬鹿でございます
天体とか物理とか解ってませんです
何かね独楽みたいな気がしてね
独楽が回ってる途中で軸が突然無くなったらバランス崩すじゃん
太陽系もそんな気がしちゃってね
軸の太陽が突然消滅したら独楽みたいにバランス取れないで
吹っ飛ぶと思った
これが無知馬鹿が出した結論であります
これでも結構マジメに考えたんだぜw
で、頭脳明晰なあなたのお考えはどんな感じなんスカ
846:2013/09/23(月) 13:14:07.20 ID:
>>845

吹っ飛ぶっつーと惑星自体が爆発して消滅するとかそういうニュアンスになるから突っ込まれたんだろう
吹っ飛ぶ = どこかへすっ飛んでいく なら間違ってないんだけど表現が悪い
847:2013/09/23(月) 13:49:25.02 ID:
あ~そっか、そりゃスマン
補足してくれてありがとう、あなたの仰るとおりです
表現のしかたが悪かったようだ
張り付いてたかいがあったw
848:2013/09/23(月) 15:42:56.45 ID:
>>847
表現を直してもそれはそれで突っ込まれるよ
すでに何度も出てる話題というかそれが前提で進んでるようなもんだし

地球もなんも太陽系惑星吹っ飛ぶ (吹っ飛ぶ = どこかへすっ飛んでいく)

太陽消滅とほぼ同時に俺らは死む

この矢印の部分の過程が問題なわけだ
少しはスレを読むべし
849:2013/09/23(月) 17:02:44.69 ID:
>848
過程もクソもスレ読まないといけんのか
>842が面白くて自分なりに考えて
レス付けたのにここの住人さんってそんなに突っ込みたがりやなんだ
もっとお気楽にいけないのかね尖がってばかりじゃ詰らんでしょ
850:2013/09/23(月) 17:30:00.57 ID:
スレ読まないやつが同じ話題繰り返すのはどの板でも嫌がられるわけだが
冗談だろうがマジレスだろうが同じことを何度繰り返しても嫌がられない板があんの?
853:2013/09/25(水) 22:57:24.07 ID:
書き込んでから「釣られたのか?」とか思ったが手遅れか。
869:2014/01/26(日) 22:12:53.56 ID:
太陽が消滅って太陽系とゆう独楽の軸が無くなっちゃうわけでしょ
そうなったら地球ってどうなるの
870:2014/01/26(日) 22:19:13.76 ID:
何度も語られてるからこのスレ読みなよ
871:2014/01/26(日) 23:07:52.16 ID:
めんどくさいからお前言ってみ
872:2014/01/26(日) 23:39:22.92 ID:
ふ・ざ・け・ん・な

ふざけんな
884:2014/04/04(金) 21:44:44.53 ID:
土星の衛生に海を発見したらしいぞ!
これで人類は半永久的に繁栄できるな
886:2014/04/04(金) 21:51:36.26 ID:
何年スパンってなんだよ
888:2014/05/04(日) 20:45:26.93 ID:
>>888







>>888


引用元:

2014/09/04 10:55 | 未分類COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
tml>